介護 フランチャイズの初期投資

フランチャイズにかかる費用
フランチャイズに加盟するにしても、事業主本部に支払うロイヤリティの他に、経営するための店舗や敷地を確保したり、従業員を集めたりといった事に使用するための費用が必要になります。

この初期費用はフランチャイズ加盟する業種によって異なります。
当然、初期費用は少ないに越した事はありません。

フランチャイズ募集をしている業種は多種多様ですが、初期費用が少なくて済む業種にはどんなものが有るのかと言うと、訪問で行なう整体や自動車の内装・外装リペアなんかの業種は初期費用が数万円で済む業種です。

この他にも、訪問介護やハウスクリーニング等の介護職も初期費用が少なくて済む業種で、自分の身体1つあれば始められる仕事です。

介護事業を始める費用は?
介護の仕事の多くは、初期費用が少なくても始められる仕事です。
介護施設の経営者や、介護士を派遣するような会社を企業するのであれば多額の初期費用が必要になりますが、在宅介護や訪問介護のような仕事をするのであれば、わずか数万円からでも行なう事が出来ます。

この数万円という額は、事業主本部に支払うロイヤリティやマージンがである場合がほとんどで、訪問介護のような業種の場合は事務所なども持つ必要がなく自宅にいるだけで行なえてしまうので比較的簡単に始める事が出来ます。

介護事業を大々的に始める場合は、普通の会社を起こす場合とおなじくらいの費用が必要になります。

<参考サイト:介護 フランチャイズ